プロフィール



重信芳子(しげのぶ よしこ)

 

助産師・看護師・細胞矯正士・食育インストラクター・国際薬膳食育士・
ABMベビーマッサージ&マタニティヨガ認定インストラクター・

文科省認定  育児セラピスト・

元国立愛媛病院付属看護学校講師

文科省後援  健康管理士一般指導員(日本成人病予防協会資格認定)
マハリシ・アーユルヴェーダ医師コース修了(2017年8月) 

 

昭和54年、徳島大医学部付属看護学校卒業。

昭和55年、徳島大学医学部付属助産婦学校卒業。
当時、日本で最も古い産科小児科専門病院(東京都衛生局・都立築地産院)に勤務する。当時の築地産院での勤務助産師人数、96名。


月に300人の新しい命の誕生と、同じくらいの消えていく命と向き合う毎日…。
助産師として10年近くたった頃から、お母さん達の健康度の低下と赤ちゃんの異常の増加に気付き、
『このままでホントに日本は大丈夫か??』と疑問を抱く。

34才で、自分の妊娠・出産・産褥・子育てを経験する。
これまた大変‼『そんなバカな…』の連続。
このころ大学の先輩医師から細胞矯正医学を紹介される。
『もしかしたら、これで日本の子供達が救われるかも\(◎o◎)/!』と直感。

以後、3人の子育てをしながら、食育・細胞矯正医学・分子栄養学・
薬膳・

アーユルヴェーダ(自然医学)・潜在意識の開発・右脳開発・幼児教育などに関心をもち、現在も日々研鑚中。今年平成29年、念願のマハリシアーユルヴェーダ医師コースを修了する。


心と体を健康にする各種講座(平成6年より、母と子の食育講座など)を開催中。

目指すは、お母さんと赤ちゃんの
《心と体の真の健康作り》を指導するスーパー助産師‼(*^^*)
 

真の健康ベビー1万人を目指して、日本中のお母さんと赤ちゃんを健康にする《かしこい食育ママになろう会》に一緒に参加してみませんか?